Medical Treatment

頑固な下肢静脈瘤を解消できる4つの治療方法

原因と治療方法

医者

下肢静脈瘤とはどんな病気?

下肢静脈瘤とは、足の静脈にある逆流防止弁が何らかの原因で壊れ、心臓に戻るはずの血液が逆流して血管の中に溜まり、ボコボコとコブのようになってしまう病気です。蜘蛛の巣のように細い血管が透けて見えたり、網目状に小さなコブが浮き出てきたりする場合もあります。足の静脈は大きく分けて、血液の90%ほどが流れる「深部静脈」と皮膚表面寄りにある「表在静脈」、それらを繋ぐ「側枝」に分けられます。下肢静脈瘤では多くの場合、表在静脈か側枝の弁が壊れることによって発症します。足の静脈内の血液は、ふくらはぎなどの筋肉がポンプの役割をすることで重力に逆らって押し上げられています。このため筋力の弱い女性や立ち仕事が長い人に多く発症する傾向があるのです。その他遺伝的要因や出産回数の多さとも無関係ではありません。下肢静脈瘤になると、足がだるい、むくむ、つる、かゆいなどの自覚症状が現れることがありますが、症状の現れ方は個人差が大きく、自覚症状のない場合もあります。ボコボコと血管が膨らむと見栄えが悪くなるため、特に若い女性にとっては心理的ストレスにもなりえます。症状が進むと色素沈着や皮膚の欠損、潰瘍化などが起こります。

下肢静脈瘤の主な4つの治療法

下肢静脈瘤の治療法には主に4つの方法があります。それが、硬化療法やストリッピング手術、高位結紮術やレーザー焼灼術です。硬化療法は注射によって硬化剤を投与し血管を癒着させて血液の逆流を防ぐ方法です。比較的手軽に行えますが大きな瘤には有効とは言えず、再発率が高く、術後の色素沈着が消えるまでは1~2年かかります。ストリッピング手術は、弁の壊れた静脈を引き抜く手術です。かつては全身麻酔などで施術する必要があったため入院が不可欠でしたが、現在では静脈麻酔や局所麻酔による手術が可能となり日帰りで手術が受けられるようになりました。高位結紮術は、弁が壊れて血液が逆流している個所を縛って切り離し逆流を止める方法です。日帰り手術が可能ですが、再発率が高いのが欠点です。レーザー焼灼術は血管内空に細いファイバー上のレーザーを入れて照射し、血管内を閉鎖するものです。皮膚を傷めず、異常血管だけを焼失させるため体への負担を軽くすることができます。2011年、2014年に保険適用のレーザーが認定されたことで今後の普及が期待されています。

[PR]

下肢静脈瘤の悩みを解消☆
キズを残さない施術を行なってくれる 下肢静脈瘤の基礎知識をリサーチ♪
病気の不安を解消しよう

下肢静脈瘤の治療は専門クリニックへ!
足にできたボコボコを解消!

免疫細胞治療でがんを撃退!
身体に負担のない治療法に注目☆

下肢静脈瘤治療専門のクリニック!
日帰り手術を行なってくれる

新着情報

[PR]

広告募集中